早わかり!クラスTシャツ作成ガイド

TOP > クラスTシャツについて > クラスTシャツは専門業者に依頼しよう

クラスTシャツは専門業者に依頼しよう

体育祭・文化祭などクラスで行う行事に活躍するのがクラスTシャツです。
皆で考えたデザインを着るので一体感が生まれます。
同じ色・デザインで揃えてもいいですし、名前やロゴを付け加えても素敵です。
Tシャツなので動きやすくどんな人でも似合います。
同じクラスの仲間として見分けることもできるのでメリットは大きいでしょう。
行事の時だけでなく終わった後も思い出として形に残る物となります。
クラス単位での作成は大変なので業者に依頼するのが便利です。
まずは素材と色を決めていきます。
素材は綿が主流ですが、体を動かすならメッシュ素材も便利です。
厚みがあるものから薄いものまで幅広くあります。
デザインを決めたら業者に申し込み、指定の形式でデーターを送ります。
後日完成イメージの画像が送られるので、修正をしてきましょう。
最終的にデザインが決まればプリントして納品されます。


昔はクラスTシャツを作成するには店舗からカタログを送ってもらうことが主流でした。
現在はネットを使えば最寄りの業者を見つけられます。
信頼できる業者は会社概要・運営の方針・プライバシーポリシーが掲載されているのでチェックします。
もし早めの納期を望んでいるなら自社工場であるか確認しましょう。
自社でシャツを作成していれば納期にも大きな差が出てきます。
また、製作途中に修正が必要になった時もスムーズです。
クラスTシャツはどうしても発注枚数が多くなります。
価格が気になるなら大量注文で安くなるサービスを受けましょう。
また、時間に余裕をもって依頼すれば安くなる早割の特典もあります。
これらの点も考慮して業者を選んでください。
特に行事が重なる季節は注文数も多くなり、納期が遅くなる可能性があります。
早いうちからどうするか決めておきましょう。


クラスTシャツを作成する際に重要なのがやはり価格です。
業者によっても価格は変わってくるのでできれば複数の業者を比較したいところです。
あまりに安いとその分薄い生地になる可能性があります。
また、送料や梱包料が別途かかる業者もあります。
受け取りまでの合計価格はしっかり把握しておきましょう。
業者のサービス対応が良いかも重要です。
対応があいまいだったり納期が遅くなっては行事までに間に合いません。
連絡する際も電話とメール両方できる業者を選ぶようにしましょう。
対応が良いなら納品までストレスを溜めずにスムーズ進みます。
今までどれくらいのクラスTシャツを作成したか実績も調べましょう。
ホームページに依頼者の声や写真が掲載されていたら尚良いです。
どれくらい信用できるかは口コミサイトでも分かります。

次の記事へ

ページトップへ