早わかり!クラスTシャツ作成ガイド

TOP > クラスTシャツについて > 全員でクラスTシャツを着て思い出を作ろう

全員でクラスTシャツを着て思い出を作ろう

クラスTシャツを作るのであれば、クラスメイト全員の名前及び担任の先生の名前を入れてみるのも良いのではないでしょうか。
文化祭や体育祭のときにクラスTシャツを着るのであれば、クラスメイトや担任の先生の名前をあらかじめしっかりと入れることで、より一層一体感を演出することが出来ます。
全員の名前を入れることで、クラスがひとつになるのでおすすめです。
名前は漢字であってもローマ字でも、どちらでも良いでしょう。
漢字で入れるならば和風なデザインにして、ローマ字であればスタイリッシュな雰囲気の漂っているデザインにするとしっかりと馴染みます。
しかしながら、入力ミスにはあらかじめしっかりと注意しておきましょう。
ローマ字で入れる場合には打ち間違えていないかをチェックしましょう。


文化祭ではたこ焼きやたい焼きを始めとして、他にもクレープやフライドポテトなどといった出し物をすることで、文化祭ならではの雰囲気を味わうことが出来ます。
もしもクラスごとに出店をするのであれば、たくさんの人たちに来てもらいたいと思うことでしょう。
そうであれば、クラスTシャツで出店のアピールをしっかりとするのも良いのではないでしょうか。
コミカルな絵を描いてお店のアピールをすることが出来たのであれば、それを着ているだけで広告塔が完成します。
クラスTシャツを着て歩けば、自然と宣伝をすることが出来ます。
このようにして、クラスTシャツを大いに活用するのも良いのではないでしょうか。
クラスTシャツはさまざまなシーンで活用することが出来るので、是非とも活用してみましょう。


絵を描くことが苦手な人が多くて、クラスメイトの中に絵を描くことが出来る人がいないのであれば、デザインテンプレートを使ってみましょう。
デザインテンプレートとは、それぞれのショップがあらかじめしっかりと用意している、デザインがきちんと完成されている状態のテンプレートのことです。
アレンジをすることが可能であり、色を変えてみたり文字を打ち変えたりすることが出来ます。
もちろん、クラスTシャツにはテンプレートがあるので、担任の先生やクラスメイトの名前を入れることも可能です。
デザインパーツを使ったのであれば、自由度の高いデザインを施すことが出来ます。
文字の入力をすることが可能なスペースがある絵などもたくさんあって、いろいろなパーツを組み合わせることでデザインをすることが可能となっています。

次の記事へ

ページトップへ